ノロウイルスに悩まされないための対策方法|病気は未然に防ごう

マスク

正しい対策

手洗い

食中毒になってしまうと、嘔吐や下痢などの症状が起きてしまいます。健常の場合は、このような症状は数日間で治りますが、人によっては重症化することもあるので注意しておいたほうが良いです。また、家族が食中毒になってしまった場合は、移る可能性もあるので注意しなければなりません。食中毒は、細菌性とウイルス性の2種類に分けることができます。細菌性とは、細菌が多い食品を食べたことによって発症するもので、ウイルス性は二次汚染による感染が多いです。ウイルス性食中毒になる場合は、ノロウイルスが原因となっていることが多いです。ノロウイルスは感染力が非常に高いので、家族が感染してしまうと接触感染や飛沫感染する可能性もあります。そのため、家族がノロウイルスに感染した場合は、手洗いはしっかり行なったほうが良いですし、便や吐瀉物も適切に処理することが大切です。

吐瀉物を処理するときは、ただ拭き取るだけではしっかり消毒することができません。そのため、次亜塩素酸ナトリウムを活用すると良いでしょう。エプロンやマスクを着用しておけば、接触感染や空気感染を防ぐことができます。次亜塩素酸ナトリウムが使えない場所には、酸性アルコール性剤で消毒すると良いでしょう。正しい知識を持って適切に対策をすれば、家族全員がノロウイルスに感染するということも予防できます。間違った対策をしてしまうと、家族全員がノロウイルスに感染することもあるので注意が必要です。